プエブラ(Puebra Alejandro) ミル・マスカラス(Mil Mascaras) 資料 雑談 conversamos

70年代後期の千の顔(Epoca de fin de 70 del Mil Mascaras)

投稿日:

マスカラスが60年代にデビューして、アレハンドロ”プエブラ”と出会い千の顔が昇華したのが70年代中期からでしょうか。

昔のマスクの資料を見てみると本体の変化があります。

その一部がお皿の大きさです。

お皿の横の幅が広く”大陸”の貼り付ける時も違いがあります。

外側の大陸の角が十字よりも真ん中、お皿の内側にないっている事。

古いマスクを見てみると、この様な形になっています。

アレハンドロさんは時期によって”アップデート”して表情と本体を変化させています。

復刻の良さもあるのかもしれませんが、やはり70年代後期80年代初期のプエブラは極まっていると思います。

ピンクのラメはプロトタイプで本体を調整して作成しました。

他のマスクは旧プエブラです。

-プエブラ(Puebra Alejandro), ミル・マスカラス(Mil Mascaras), 資料, 雑談 conversamos

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.