生地

ブリオザの新旧

投稿日:

ラメは新旧があります。

更に、新ラメの出始めの80年半ばのラメはまた今の新ラメとは違います。

現行の新ラメは染めている様な質感です。

昔の新ラメはラメの繊維自体に色が付いています。

どのように作られているのかは解らないのですが、明らかに80年代の新ラメは違います。

 

絶版生地も沢山あります。

シルクはもう絶版です、普通に考えるとあの生地は擦れると箔が落ちる事、

経年劣化が激しい事で、淘汰されたのでしょうね。

それに似た生地がありますが、どうも安っぽくて好きになれません。

1960年代は良い生地が多いですよね。

ケバくなくて上品な発色が今には無いです。

 

ブリオザも60年代は良い物が多いです。

この生地はあまりクローズアップされませんが、旧タイプが存在いたします。

このきめ細かい繊維がゴージャスです。

色も落ち着いていますよね。

アントニオマルチネスの横タグ時代のブリオザです。

そして、今取引している生地があります。

60年代絶版ブリオザです。色味が素晴らしくて眼を見張ります。

到着したら公開致します。

右が新左が旧

 

雑談

フジカケのページを見ましたら、金銀緑しか今はない様です。

いつの間にか絶版生地が増えました。

極端に需要の無い生地なので、この様になってしまいました。

昨今の選手は煌びやかな生地ばかりで、ラメを使用する選手はほぼ見ません。

時代の流れ、諸行無常です。

私は時代に逆行し進化しています。

最近ライブ配信をしていませんが、旧ラメが届いたので、生地について

ライブも面白いかもしれません。ちょっとアンケートです。

 

</div

13日20時頃スタート

View Results

Loading ... Loading ...

-生地

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.