「資料」 一覧

カレンダリオ(Caledario)

2019/5/25  

プエブラの最高傑作と言われているオーバーマスクのデザインです。 メキシコの国立人類博物館にその”元ネタ”が飾っております。 この博物館は一日では回れない位の規模です。 見てみるとメキシコでも北と南では ...

70年代後期の千の顔(Epoca de fin de 70 del Mil Mascaras)

2018/11/23  

マスカラスが60年代にデビューして、アレハンドロ”プエブラ”と出会い千の顔が昇華したのが70年代中期からでしょうか。 昔のマスクの資料を見てみると本体の変化があります。 その一部がお皿の大きさです。 ...

国宝級マスク研究(Mascara de los tesouros Estudiar)

2018/11/2  

国宝級マスク研究 を手に入れました。監修が言わずと知れた”ドクトル・ルチャ”こと清水元ゴング編集長の力作です。 解説、資料、マスクの写真どれを取っても一流です。。 情報社会の今のネットで大体の写真は見 ...

ウルトラセブン研究所Ⅱ

2018/6/10  

マッハ隼人に続きウルトラセブンの個人出版物です。 個人出版は物凄く労力とお金と時間を費やしてできるものです。 作者の方の「高杉セブン愛」が詰まった一冊です。   セブンの知識がない私でもこれ ...

ロペス編(Dr Alejandro)

2018/5/12  

今回の旅は憧れの職人さん達を訪ねてお話を聞く事が目標でした。 第一弾は老舗のロペス一家のお話です。 初対面のアレハンドロさん(ロペス3世)は休日にも関わらずスーツで出迎えてくれました。 とても気さくな ...

生地の来日!

2018/4/5  

以前ロスに生地の仕入れに行った際に見た生地が、最近日本のお店でも入荷されたと連絡が来ました。 この生地は撫でるとスパンコールが裏返って色が变化します。 ドラゴンリー選手が使用していた生地です。 手触り ...

職人達の工夫

2017/10/18    

マスク職人達は時代を超えても、その球体に一番カッコ良く表現できるかを研究していたと思います。 また、どうしたらそのマスクマンに合うかを研究して居ます。  

世界的コレクターが来日!(Christian Cymet氏)来日

2017/10/6  

世界的なコレクターは海を超えて日本に来ます! かの有名なマスク大図鑑も監修している人です。 マスクを始め、様々なコレクションを持ってきれくれるようです。 更にドクトルルチャが居るので歴史や彼との融合は ...

アンヘル・ブランコの数奇な人生(寄稿)

2017/4/28  

Ray Sandokanさんの寄稿です。 アンヘル・ブランコ愛を感じます。私もこのマスクは素晴らしくかっこいいな!なんて思って何枚か作ったことがあります。 それではどうぞ。 彼が亡くなったのは1986 ...

フィッシュマンの配置

2017/4/24    

フィッシュマンのマスクを作っていると、どうも口と目の距離が若干近いです。 しかし、これは間違えではなくて、ラウルのフィッシュマンはどれもやや寸足らずです。 なのでグラビアは目がやや被っていて、鼻が大き ...

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.