フィッシュマン(fishman)

フィッシュマン(怪魚仮面)2

投稿日:

お馴染みの怪魚仮面ことフィッシュマンです。

友人が本人から譲り受けた物をお借りしました。

時代は2010年以降の作品と思われます。

 

作風はラウルロメロそのものなのですが、他に無い素材を使用しています。

まず、黄色の皮、本体、全て小豆色の糸でステッチされています。ただ単に糸の入れ替えが面倒くさいだけだったのか?

しかし、十字ステッチの裏の部分だけが緑の糸です。

それとラウルロメロは、喉テープを4本ステッチなのですが、内側の2本だけ色が違う事があります。

これは裏から喉テープを縫い付けて、次に表から内側のステッチを入れているのですが、この時に下糸と上糸の色が微妙に違うんです。

これは意図的なものなのか、気まぐれなのかはわかりません。

 

そして、特筆すべきは素材まで小豆色になっています。十字テープ、喉テープ、スポル生地、終いにはタグまで小豆色です。

新しく小豆色で注文したのか、はたまた染色したのでしょうかね。

ローリンは大体の素材の色を揃えていますが、ラウルロメロも統一したカラーをするのに驚きました。

そして、80年代のフィッシュマンとの違いは本体の形が変わりましたね。大きくなっていて、やや繊細さに欠けるかなという感じです。

素晴らしいマスクなのは変わりません。他のメーカーと違って鼻が広がっていて、目が小さくて、これぞラウルロメロ!っていう表情になりますよね。

恐らく、縁取りも若干変化ありますね。 興味深いマスクです。

次回はフィッシュマンの各メーカーごとの型紙の違いでもやりましょうか。

image image image image

-フィッシュマン(fishman)
-, , ,

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.