リスマルク(Lizmark)

自分の解釈(リスマルク)

更新日:

自分の解釈

以前アントニオマルチネスのリスマルクを作ってくださいと

言われ大変困難な事は書いたと思います。

私はマスクを製作する時には、そのマスクの1番収まりの良いバランスの最高のイメージを持って作ります。

リスマルクでもマスカラスの型紙だとヘンテコになります。

やはりアントニオマルチネスのリスマルクにたどり着くのも

理解できます。人によっては、ウンベルト、リンベルグいるでしょう。

私もアントニオマルチネスだと思います。

しかし、実物を見た事も無いので研究のしようがありません。

なので、私なりの解釈で製作してみました。

これは口空きの型に銀の革を付けただけではありません。

オデコから鼻までの距離、鼻の開き方、アンティファス(目の模様)の高さ

をイメージしました。

皿の高さと本体の比率もです。

目の位置が低いのでは無いか?と思いきやバッチリの位置に着くイメージです。これは高めのお皿の位置がそう思わせているんだと思います。

アントニオの物とは逆立ちしても敵いませんが、雰囲気は近くなりました。

これでも実物を見るとまた違いんだろうなと思います。

今はこれ以上うまくできませんが型紙の意識の違いから

今までで1番うまくいったと思います。

-リスマルク(Lizmark)

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.