生地 雑談 conversamos

旧ラメと雑談

投稿日:

旧ラメかアメリカから届きました。

ソルチャさんのホームページでも解説されていましたが、旧ラメにも種類があります。

繊維が細い物と太い物があります。

ロッドで色々違うんだろうなと思います。

旧ラメは金以外は入手が困難です。

緑のゴムラメはもう不可能だと思っています。

今回の旧銀ラメも34年ぶりの入荷です。

それまでは現行ラメをブリーチかけたりしましたが、やはり別物です。

まず旧ラメは綿の比率が高いのか重たく感じます。

しっとりとしているような感覚です。

ゴムラメになると更に重く思います。

50年から60年前の生地なので、劣化や汚れがあります。

形がある状態で現代まであった事がすごい事だなと思っています。

もう生産はされないある意味「金」の様な絶対的な価値があると思います。

 

銀の選択肢は物凄くあります。

サント、マスカラス、カネック、ウルトラマン、ドス、、無限ですね。

旧ラメには限りがあり、受け入れられるのは2枚か3枚が限界かなと思っています。

50年前の生地で汚れとツギハギが出る事が条件です。

ウルトラマンは旧ラメに型紙も研究したので、これ以上無い全てを出し切ったマスクです。

※売り物ではありません。

雑談

最近は多忙で中々ブログあげれなく申し訳ございません。

また一つ歳を取りました。

子供の時は嬉しかった日ですが、この歳になるとやや重く感じます。

誕生日の日に今の生活を見直す良い機会だし、11日大切にする事の重要さを再認識し、生活の向上をします。

-生地, 雑談 conversamos

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.