ウルトラマン(Ulutraman) プエブラ(Puebra Alejandro)

プエブラのウルトラマン2(Ulutraman2)

更新日:

como coser de nariz

Alejandro  estilo de haser nariz difelente

muy especial

disculpe traductor bien dificil si quiere saber detalle

manda mensage para mi

プエブラのウルトラマンの特徴は鼻の処理です。

巻き込んでいるわけですが、フリア、ラウル、ローリンと各職人毎に違いがよく出ています。

今回はプエブラ特集なのでプエブラの鼻の処理について語ります。

マスカラスの場合にも使われていますこの処理の仕方、昔からあるようですね。

普通に処理しても良い物をあえて巻き込みにするのは、バランスの問題なのでしょうか。作っている方は解ると思いますが、手間が掛かります。

しかも、プエブラの巻き込みは他にはない処理をしています。(各メーカー違います)

因みに、今まで見てきたプエブラウルトラマンはすべてこの処理でした。

 

プエブラのウルトラマン

微妙に切り込みが5センチだったり4センチだったりします。

それもハンドメイドの味ですよね。

これはスポル生地で巻き込んでいます。

特徴は下は下で巻き込んで、上は上で巻き込んでいます。

で、驚きの裏側が

プエブラのウルトラマン巻き込んで縫うのではなくて、裏張りを細く切って間に挟んでいます。これはプエブラならではの処理。

補強しているのでしょうね。なんともカッコいいです。

そして驚く事に、巻き込む生地の種類も違います。

スポル、ジャージはありますが、

十字テープで巻き込んでいる物もあります。

これは、プエブラだけではなく、アントニオマルチネスも

採用しているやり方です。

プエブラのウルトラマンやや細い処理になるようですね。この処理はやったら解りますが、縫いにくいです。

因みにこの最後のウルトラマンのみ、トサカの先が丸まっていました。

 

 

-ウルトラマン(Ulutraman), プエブラ(Puebra Alejandro)
-,

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.