プエブラ(Puebra Alejandro) ミル・マスカラス(Mil Mascaras) 雑談 conversamos

マスカラス格付け(プエブラ編)

投稿日:

日本は初代タイガーの越えられない壁があります。

絶対的な価値のあるマスクです。

もう一つ絶対王者はマスカラスです。

今回は、烏滸がましくマスクの格付けをします。

コレクターの方にマスカラスの価値を聞かれる事があるので、

個人的な視点で語ってみます。

異論は認めます、各々の価値がありますから。

まず、使用済みが価値があります、更にその根拠となる物があれば

更に増します。

 

SSSはロペス一世ですが、絶対的な存在の認識で書きました。

それ踏まえて、

 

S S S

ロペス一世製マスカラス

この時代のマスクは使用する為に持ってきています。

ラメにサテンの二重生地で重厚です。

ラヌルフォの全てが詰まっています。

歴史的価値と共に絶対です。

SS

70年代プエブラ製の極希少のマスク

大きいベロであったり、70年代後期の全盛期で使用したマスク達です。

ゴムラメサメ口やドリー戦のVラメなど

S

80年極初期のプエブラ全盛期

個人的にはこの時代のマスクが好きです。

全日の動画もこの時期のマスクが多く見れますね。

様々なオーバーのデザインの独創性。

ここまでのマスクはまず手に入りません。その理由は後ほど

越えられない壁です。

AAA

80年初期から中期の旧プエブラ

この時期から新ラメが出てきます。しかしその新ラメは今とは違います。

表情の良さは健在で素晴らしいマスクです。

AA

80年中期から狭間期(夢工房期)

この時代から紐通しに大きな変化が出てきます。

大量にマスクが入ってくる時期です。

ここまでが入手困難ですが、年に一度ぐらいチャンスがあります。

A

90年代の復刻初期プエブラ

ここからが判別が難しいです。表情は良いものの本体が変化しており、

独特の今の形状の走りになります。

徐々にコレクターを意識しているのでしょうか。

B

2000年以降の復刻プエブラの増産期

マスカラス本人の納品ではなく完全にコレクター向けのマスクを作りにシフトしています。

しかし、オーバー共に衰えない表情、他の追随を許さない腕です。

 

S 級のマスクが手に入らない理由は。。。

コレクターの年齢と所得状況

マスカラスのコアコレクターは60前後の方々です。 

子供の手も離れてかなり所得に余裕があり、そういう方は

生前贈与や、引退、身の整理以外で手放さない事が多いです。

それと、もしショップに流れて高額で販売されていても、即買われます。

そのタイミングで購入するのは困難です。

という事は、 S級までのマスクは入手チャンスがほぼ無いです。

その様なコレクターは目利きで本当に造りの良さが解っているのです。

私の様な青二才はまだまだ手に入らないレベルです。

 

この様にプエブラ編の格付けをしましたが、基本がどのプエブラ製のマスクでも価値があります。

アレハンドロさんがお亡くなりになっても、今も尚語り継がれるのは

万人が彼の作品を評価しているからでしょう。

 

雑談

Gスピリッツにマスカラス特集が発売されます。

ドクトルルチャの日記に彼との関わりを書いてありました。

マスカラスはメキシコが産んだ人間国宝です。

本を見て感想など書きたいと思います。

-プエブラ(Puebra Alejandro), ミル・マスカラス(Mil Mascaras), 雑談 conversamos

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.