資料 雑談 conversamos

アンヘル・ブランコの数奇な人生(寄稿)

投稿日:

Ray Sandokanさんの寄稿です。

アンヘル・ブランコ愛を感じます。私もこのマスクは素晴らしくかっこいいな!なんて思って何枚か作ったことがあります。

それではどうぞ。

彼が亡くなったのは1986年4月27日交通事故、モンテレイに移動中、車がパンクして横転し、路肩の木に激突。運転していたのは親友ワグナー。助手席にアンヘル、後部座席にソラール、フングラ・ネグラ、マノ・ネグラが乗っていた。アンヘルは即死。ドクトル・ワグナーは両足複雑骨折のため再起不能。これを機に引退…ソラール、マノ・ネグラ、フングラ・ネグラも重傷を負った大事故だったみたいです。ソラールはこの年の4月6日に兄貴と慕っていたソリタリオをも亡くしてるのでかなりショックだったでしょうね…

 

アンヘル・ブランコの遍歴を振り返ってみます。

1936年8月2日メキシコハリスコ州アトヤック出身
175cm87kg

58年にディアブロ・ベラスコのコーチを受けてデビュー。デビュー当時のリングネームはエル・ランチェロ・バルガス。素顔でのデビューその後、黒覆面のガト・ネグロに変身。イラプアトでのホセ・ゴメス戦に敗れてマスクを剥がされたが、黒覆面のクルス・ネグロに再変身。ブラック・ゴールドマンとロス・エルマノス・ディアブロを結成した。

その後、トレオンのプロモーターのゴンサロ・ゴンサレスのアイデアで、62年から白覆面のアンヘル・ブランコに変身。白い天使の羽をあしらった純白のマスクをかぶった。エル・エンフェルメロと組んでルードで活躍。66年10月からドクトル・ワグナーと組んでラ・オラ・ブランカで活躍。67年9月、アンヘル・エクステルミナドールとのマスカラ戦に勝利。68年5月12日、トレオンでレイ・メンドーサを破りNWA世界ライトヘビー級王座を獲得。

これは有名な話で同タイトルにおいて史上初の覆面チャンピオンになる。

69年からソリタリオと組んでタッグで活躍するが、72年12月8日にアレナ・メヒコでエル・ソリタリオとルード同士と言う珍しいマスカラ・コントラ・マスカラを行う。1本目は19分4秒にグランド卍固めでソリタリオが勝利。2本目は3分52秒に変形波乗り固めでブランコが勝利。3本目は8分8秒にラクダ固めでソリタリオが勝利。ブランコはマスクを脱ぎ、ソリタリオはリンピオに転向する。これがソリタリオの転機だったのかもしれませんね。

以後、素顔でのファイトとなった。76年5月、UWAに移籍。77年8月、ルーテーズのUWA世界ヘビー級王座に挑戦し、敗れた。その後EMLLに復帰したが、4ヶ月ほどしてUWAに移籍。

79年12月にパラシオ・デ・ロス・デポルテスで藤波WWFジュニア王座に挑戦。3本勝負で1対1となった3本目、藤波のジャーマン・スープレックスを押しつぶし、両者3カウントの引き分けという結果だった。80年2月に新日本プロレスに初来日、しかしそのシリーズでのアンヘル・ブランコの扱いは酷いもので新日は藤波を売り出すために、同時来日したマンド・ゲレーロとブランコをドラゴン・スープレックスを受けた後に「失神」させ「負傷欠場」途中帰国させると言う何とも許しがたい扱いでした。シュートなら絶対ブランコの方が強かったのは間違いないでしょうね。

同じ白覆面のドクトル・ワグナーとのコンビはラ・オラ・ブランカとよばれ、メキシコでは無敵を誇り、ロスでも74年8月30日にアメリカスタッグ王座を獲得した。83年6月新団体のスペル・リブレスに移籍。16人参加のトーナメントに優勝し、初代ナショナル・クルーザー級王座になる。

そして、現役最後の試合は…
タマウリパス州ヌエボ・ラレド、アレナ・パレンケでのアンヘル&ワグナー&フングラ・ネグラvsソラール、マノネグラ、ゲレーロ・アステカ組みです。
そしてこの試合後に悲劇が…

タイトル歴
第11代NWAライトヘビー級
第22代ナショナルヘビー級
ナショナルタッグ(ワグナー)
第47代アメリカスタッグ(ワグナー)
初代ナショナルクルーザー級

私がアンヘル・ブランコを好きになったのは空中戦2で見た1972年のマスカラ戦の記事を読んで一気にハマりました。それで色々家系やら調べていくうちに彼はすごいルチャドールだとわかりました。日本ではあまり知られてないかもしれませんが、これを機にアンヘル・ブランコと言う偉大なルチャドールを知って頂けたら幸いです。彼はルチャ総選挙やればベスト10以内には必ず入ります!

ソリタリオはアンヘル・ブランコ、ドクトル・ワグナーが良きパレハ、良きライバルだったからあそこまで大成したのかなと私は勝手に思ってます。

ちなみに84年7月と87年10月に来日したアンヘル・ブランコJr.はレイ・ソロモンで義理の息子になります。実の息子は2012年3月31日にイホ・サントにマスクを取られたアンヘル・ブランコJr.(デビット・バルガス・カマレナ)と2000年代前半にEMLLにいたイホ・デ・アンヘル・ブランコ1号2号みたいですが、多分後妻の子でしょう。元ファラオンJr.(オルス)はレイ・ソロモンの息子だから孫に当たります。その孫のマスクを剥がしたのは実子のアンヘル・ブランコJr.です(笑)

長文失礼しました。

Rayさん寄稿ありがとうございました。

ラ・オラ・ブランコスは本当にかっこいいですね。

-資料, 雑談 conversamos

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.