ドクトル・ワグナー(Doctor Wagner) 私の作品

ドクトル・ワグナーPV(Doctor Wagner Sr)

投稿日:

今回も大好きなワグナーのマスクです。

何枚かプライベートもご紹介したのですが、今回は別タイプのプライベートです。

銀のブリオザ生地につや消しの本革です。

如何に当時の雰囲気を出せるか?に拘っているので素材も渋めの物をチョイスしています。

縫製もそこまで綺麗じゃないです。太い糸ですし、繊細なマスクは僕には出来ないような気がします。

昔の古いマスクマンを作るのが一番私に合っているようですね。

「拘り」についてはまたの機会に書きます。

 

今回は耳の部分が一時期使用していた昔のデザインです。

ステッチも白ではなくて黒になっています。

この横の耳の戦士もメーカーによって全然違います。

ローリン、ロペス、インカ、ウンベルト、

どのメーカーも雰囲気が出ています。

何も考えなくて作ると簡単なマスクですが、テレビで見ていた、あの全日のワグナーをイメージで作るとなると、

そうもいきません、本体のライン、大きさ、縁取りのバランス、首元のサイズ感、当時のマスクを見ると

もっと研究をしなくてはならないマスクだなと思うマスクです。

 

-ドクトル・ワグナー(Doctor Wagner), 私の作品

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.