私の作品

オリジナルデザインとは

投稿日:

マスクは基本選手がデザインを描き、職人さんに表現してもらいます。

中にはここは革で表現した方がいいか、イメージを付けていきます。

このマスカラロハは複雑に赤と黒のラインが入り混じっています。

これを革で表現したらゴツゴツすぎるので、アントニオマルチネスは布で表現したと思います。

 

なので、まずはイメージを考えて、頂いたデザインの中でも自分の裁量とセンスが問われます。

ここ数カ月はオリジナルデザインを作る事が多くて、頭を悩ませました。

メキシカン流デフォルメしか僕はできませんので、メキシカンマスクを知らない人からすると、かっこ悪く感じるのかもしれません。

しかし、出来上がりを見てみると、自分では納得したデザインを感じます。

デフォルメ、デザインのバランスは大事で、シンプルの中に飽きさせないデザインを意識します。

絵画も描いていくと、空間があるのにも関わらずそこに何も足さない事があります。

それは、何もない『無』の表現をしています。

このマスクはご存知の方はいらっしゃいますか?

『プロレススーパー列伝』に出てきた『エルサント』です・

原田先生はどうしてこのデザインにしたのか?全くの謎ですが、ザ・メキシカン!と言うデザインで

製作している方も楽しくできました。

生地は押入れの奥から出てきた『イタリアンサテン』です。

雰囲気は旧サテンの様な滑らかで艶やかな生地で。メートル8000円します。

素晴らしいのは、ストレッチが効いている事です、ストレッチの効かない厚めのサテンはあるのですが、

ストレッチがしっかり掛かるので最高の生地です。

既に絶版生地で在庫が、銀、白、茶色系の金しかありません。

この生地でウンベルト氏に悪魔仮面をオーダーした事がありました。

リクラとはわけが違う数段上の生地だと思います。

 

 

-私の作品

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.