雑談 conversamos

裁量の困惑

投稿日:

マスクを見ていると、「このメーカーはこんな処理はしない

おかしいなぁ」なんて事はたまにあります。

例えばプエブラのお皿と本体のストレッチ方向は横なのですが、

お皿が縦に伸びる様に裁断されているのを見た事があります。

紛れもなく『旧プエブラ』のマスクなのですがイレギュラーです。

この様なマスクは鑑定が難しいわけではなく、その時にどうしてこの様に処理したのかな?と思います。

個人的な話で恐縮ですが、製作過程で「この様に処理してみよう」と思う事もあります。

凄い小さい変化ですが僅かな『遊び心』があります。

カネックの模様は実に面白く、穴の空いている所に色を入れたり、

本体と同じ糸で全て縫ってしまったりとユニークです。

 

タイガーの豊島さんは裁量の幅が広い職人だと思います。

型紙の種類の多さ、逆矢切の逸話など、裁量に極みだと思います。

なので、先入観で「こうでなくてはいけない」という事はなく、

広い視野で見る必要があります。

ただ、明らかな基準があり、その上の裁量です。

この様に見るとまた新しい発見があります。

 

LINEのアカウントを設定した事で距離が縮まりました。

ご登録頂き有難うございます。

写真のやり取りも手軽にできます。

マスクの雑談もできるのが嬉しいです。

どなたでもご自由にご登録頂き情報交換致しましょう。

-雑談 conversamos

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.