ウルトラマン(Ulutraman) 私の作品

ウルトラマンを極める

投稿日:

81年にタイガーマスクのライバルとしてメキシコからの刺客で来日したイメージが強いです。

この頃は殆どがプエブラ製のマスクで残りはブシオ製と言われています。

 

ウルトラマンの昔のグラビアを見ていたら殆どがプエブラ製のマスクである事がわかります。

本人自身も好きだったのもあるのでしょうが、アレハンドロさん本人も強い思い入れがあったようです。

 

私の中ではウルトラマンはプエブラの顔なので、プエブラを意識した縫製にします。

大事なのは目と皿の位置関係と皿のライン、鼻の巻き込み処理、、

全ての工程が大事ですが鼻の巻き込み処理はウルトラマンだなと思わせます。

 

目のメッシュも日本には無い荒い感じのストレッチメッシュです。

ラメはLAラメ、本革、素材、縫製ともに自分の中で納得のマスクができました。

納得するマスクが出来たら次は旧ラメで作ろうかと思ってます。

日本にウルトラマンファンはいるのかわかりませんが、かなりの完成度だと自分では思っています。

手前味噌な投稿をしてしまいましたが、それほど納得するマスクができる事はなかなかありません。

今回は本当に良い出来だなと思っています。

プロは毎回凄いレベルで納得するマスクを提供しているのですから、凄いと思います。

 

 

 

 

 

-ウルトラマン(Ulutraman), 私の作品

Copyright© メキシカンマスクの魅力 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.